でーじまーさん

「よんまるさん」の路上復帰を目指すオンナの記録(笑)

ありのまま生きるということ。 同性パートナーシップのお話

おこんばんわ。

 

只今夜中の3時半をまわったところ。

 

歌でいうと

 

twenty five or six to four

 

です、まさに

 

25 Or 6 To 4

25 Or 6 To 4

  • シカゴ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

。。。。やだなにこの狙った感(笑)

 

 

さてさて。

 

今日は暑さも少しマシとは言え。。。やはり日中は安定の40度超えの工場@信州。

 

 

ブラストの記事とか。

 

暑さ対策のこととか。

 

今日の作業とか。

 

 

いろいろ書きたいことはあるんですけど。。。

 

 

そんなのぶっとばして、今日はこれ!

 

f:id:dehjimarsan:20180704032842j:plain

 

ついにさいたま市でも!

 

 

 

そう言えば去年

 

台湾での同性婚の話を読んであーだこーだ思ってましたが

 

まさか埼玉でもこんなに早く実現するとは思わなかった。

 

 

 

まだはじめの一歩どころか半歩ぐらいですけど。

 

今は素直に評価したいし、喜びたいと思います。

 

 

実際に法制化していくにはいろいろと難しいことも出てくるかもしれません。

 

渋谷や世田谷、あるいは那覇や札幌など。。。先駆者は今や日本にもたくさんいますし、それこそ福岡や名古屋、川越や毛呂山、坂戸などなど。。。

 

徐々に徐々に、普通になっていきますね。

 

 

法的な話とか、同性婚がどうだという話はあちこちで識者や熱い方々が語られていると思うので、文章も大してうまくない私が言うまでもないと思いますが

 

私のお得意な(笑)「魂」的な観点から見て思うのは

 

そもそも「ヒト」って魂がメインの存在なので。

 

魂が肉体っていう器に入っているだけなので。

 

だからそもそも肉体なんて今着てるTシャツぐらいのレベルのものなので。

 

故に肉体上の性別がどういう特徴を持っているから男だとか女だとかで区切るとか

 

区切った上で、肉体の特徴が違う者同士でないとカップルとして認めないだとか言われても。。。

 

すごく意味がわかんないな。。。ぼく

 

 

というのがずっと感じてきた正直な気持ちです。

 

 

自分自身

肉体を飛び越して、自分も相手も魂の存在として向き合っているので

 

肉体的な特徴による区別とか、異性だとか同性だとか、もうどうでもいいんです。

 

 

だからそういうこと言っちゃえばもう結婚とかそもそも意味がないんじゃないかな。。。とまで思いはしますけど。

 

 

現状たとえば手術をうけるときの同意書に名前が書けないだとか

 

入院しても面会に行けないだとか

 

それで死んじゃっても保険金も受け取れなければ(金目的じゃないですよ、もちろん)、場合によっては葬儀にすら顔出せませんだとか。。。

 

 

。。。なんかたとえが不幸な話ばっかですけど(笑)

 

 

みんなが「家族だからあたりまえ」だと思っていたことが、ウチラだと当たり前じゃない。。。ってことは意外と結構あります。

 

家を借りるときもそうです。

 

同居人の名前をかくとこに、続き柄ってありますよね。

 

男女のカップルなら夫、とか妻、で誰も突っ込みませんけど。

 

うちらは迷います。

 

友達。。。ってことだとルームシェアとかなって貸してくれない家もありますし。

 

じゃあだからって素直にパートナーとか恋人とか書くと変な顔された上にくすっとか笑われて挙げ句断られるとか。

 

だから苦し紛れに妹とか姉とか書いちゃったり(笑)

 

 

人知れず面倒くさいことが有るのも現実です。

 

 

 

こればっかりは、いくら魂基準で生きてるとは言え

現状三次元に肉体を持って存在している以上は、どうにかしないといけない問題としてついて回ります。

 

 

 

だから肉体なんて有ると面倒くさいんだよね。。。(笑)

 

 

 

しかし

 

世の中の「あたりまえ」は常に変わっていくものだとおもっているので。

 

こういう変化も普通の流れだと思ってます。

 

 

 

いいですか

 

 

今年の5月16日から新しいスパンが始まる話はしましたね。

 

 

まだ一ヶ月半ですけど。

 

早くも色んな所で変化が出始めてますね。

 

そして今年の夏至のパワーとかいろいろ見ると

 

もっともっといろいろ加速してくんだろうな。。。

 

という気がしてなりません。

 

 

来年の今頃はもっといろんなことが変わっているかもしれませんね。

 

 

 

それを良しと思って受け入れるか

 

あるいは悪しきものと思って拒むか

 

 

もちろんそれはひとりひとりの自由です。

 

 

なので

 

同性パートナー法反対という声があってもいいと思います。

 

 

それがその人にとって幸せなのであれば。

 

例えば宗教的な理由で反対される方も多いと思います。

 

 

。。。実はうちの親がそうなんですが(笑)

 

 

でも

 

その人達には信ずる宗教という絶対な軸が有るので

 

 

それを否定したりやめさせようとすることは個人的にちょっと違うと思うのです。

 

「あの人達は自分とは違う考えだけど、それも人それぞれだからな。」

 

と思ってお互いそのままを尊重しあえるのが基本だと思うので。。。

 

人は違ってあたりまえ。

 

自分の生き方を大切にしてほしければ自然に相手の生き方も大切に出来ますよね。

 

それならお互い幸せなままでいられますし。

 

 

 

 

生きている限り

 

すべての人がこの地球での転生を幸せに全うできることが本来の姿だと思っています。

 

 

だから

魂的な観点から見て、こういった変化の流れはある意味人々の魂が本来あるべき姿に気づき始めた流れなんだな。。。ということを日々感じる今日このごろです。

 

 

 

 

ぼく自身、今更この歳で結婚願望とかないけど(笑)

 

 

大切な人と一緒に生きていきたいという思いは大事にしたいです。

 

 

自分の気持ちであれ

相手の気持であれ

あるいは今このブログを読んでいらっしゃるあなたの気持ちであれ

 

すべて同じです。

 

 

Fill the Planet with LOVE!

 

 

 

今日はちょっともう一つのブログに書くようなお話を書きました。

 

明日は作業の模様とかいろいろ書きますね(笑)

 

 

 

今日はちょっといい話書いちゃったから一人でお祝いです(笑)

f:id:dehjimarsan:20180704050404j:plain

…ウシロニミエルアレハナンダ?

 

 

 

いっぺーにふぇーでーびたん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンポンチでブッシュの打ち換え大作戦。。。フロントウインドヒンジ編。

おはやうございます。

 

気がつきゃ7月になっちまいました。

 

おかげさまで、両親指の皮膚もだいぶ復活。

そろそろ工具が握れる頃合いになってきたねいさんです。

 

先週末

 

フロアをはぐろうとして腕力が足りずにフロアが持ち上げられないという事態に直面してからというもの。

指の負傷もあって、ちまちまと細かい作業をすることにしてました。

 

ということで

今回は、フロントウインドヒンジのブッシュの交換作業の模様。

 

前回やったスペアタイヤキャリアと要領は一緒。

ただしこちらはピンとヒンジが溶接されていないので幾分楽かな。。。

 

 

 

と、その前に。

 

前回ブッシュを打ち替えたスペアタイヤキャリア。

 

ここで下側のヒンジの取り付け穴位置をけがくために、仮組みしてみます。

f:id:dehjimarsan:20180703104056j:plain

 

キャリア本体のみならず、それに付属する部品、そしてリフレクターも取り付けて、すべての位置関係を確認します。

水平器も持ってきて、キャリア自体の取り付け具合も確認しながら。

 

リフレクタは純正新品なので、傷つけないようにおおげさに養生してから仮組みします。

 

f:id:dehjimarsan:20180703104257j:plain

キャリア自体はこんな感じで車体に止まってます。

 

この、引っ掛けるフックのようなところの車体側の穴位置が合わなかったらどうしようかと思いましたが。。。大丈夫でした。

 

ただし

 

袋になった部分に予めエポキシプライマーをこれでもかと流し込んであるので、ネジの山が埋まってしまってました(笑)

f:id:dehjimarsan:20180703104809j:plain

タップでさらって解決。

組み込む時に再び薄めにエポキシ塗布して組みましょう。

 

この部分はよんまるさんの中でもかならず腐っている部分なので防錆はしつこいぐらいにしておきます。

 

ちなみによく腐る部分故に、リプロダクションパーツが豊富にあり、入手は容易です。

この部分に限らず、海外ではよんまるさんのリプロダクションパーツが豊富に売られています。

それだけ輸出がメインな車だったのかもしれません。

 

まぁ。。。以前も書いたようにポン付けとは行きませんが。。。

修正前提で部分部分で使うと作業効率がUPするのでぼく的にはオススメです。

 

 

そんなわけで、やっとこさピンの打ち換え作業。

f:id:dehjimarsan:20180703105955j:plain

シンナーにつけておいたので塗膜は容易に剥がれます。

 

例のごとく錆びてます。

別に可動する部分ではないのでこのままでもいいのかもしれませんが。。。気になるので交換です。

 

 

ブッシュ自体は海外から安いリプロ品を買いました。

f:id:dehjimarsan:20180703112254j:plain

これは12個入りなので、一袋で一台分のフロントウインドと左右ドアのヒンジのブッシュがすべて交換できるお得なセット。

 

こうゆう細かい部品も海外を探せばいくらでも出てきます。

純正部品もまだ海外のデポにはあったりするので、気づいた時に入手できる限りの純正部品は取り寄せてます。

 

部品に関しては、見つけた時が買い時だ。。。というのは旧車の鉄則だと思うので。

 

ヒーターホースだってつい数年前は出ていたのに、今はメーカーからの供給ゼロですからね。。。

 

 

さて

いよいよバラしましょうね。

f:id:dehjimarsan:20180703110917j:plain

バイスで挟んで、まずは油をどぶどぶと注入。

 

 毎度お世話になります。マルチに使えるラスペネさん。

 

ちなみにラスペネは2タイプあって。

ねいさんが使ってるのは、Cというタイプ。

 

もちっと安いので、Lというタイプもあります。

 

何が違うのかって言うと、吹き出し方の違い。

Cの方はスプレーがじゅわーっと出てくるタイプなので、こういった隙間に浸透させたりするのに便利。

 

Lの方は、いわゆるスプレーのようにしゅーっと出てくるタイプ。

 

どちらも長い折りたたみノズルも付いてるし、中身は同じなので使い方や好みに応じて好きな方を選べます。

 

ひとっきらおいて油が染みたな。。。ってなったらいよいよどつきます。

こないだ買ってきたピンポンチをあてがって、ハンマーでどどすこ

f:id:dehjimarsan:20180703112037j:plain

 

こんな風に少しづつ押し出すようにして抜いてきます。

 

 

ばらけた、の図。

f:id:dehjimarsan:20180703112148j:plain

やはりピンは錆びてます。

f:id:dehjimarsan:20180703112649j:plain

左側の丁番にブッシュが付いてます。

やはりサビと汚れで簡単には取れないので、ホースをはぐるフックでごにょごにょとほじくり出します。

 

とりまブッシュの新旧比較。

f:id:dehjimarsan:20180703112529j:plain

黒いのはまよわずそのままゴミ箱にポイこです。

 

ばらしたついでなので、ピンが通る穴もペーパーでさらってサビを落としておきます。

f:id:dehjimarsan:20180703114114j:plain

 

さらに残った塗膜やサビをブラストで落としましょう。

 

そう言えばキャビネットの中にブラスト当てたいものを放り込みっぱなしだったので。。。

 

そろそろブラストしましょうね。

 

ということで今日はおしまい。

 

 

にふぇーでーびたん。

 

 

ブッシュの打ち換え大作戦。。。スペアタイヤキャリア編。

うきみそーち。

 

 

本日も朝からお暑うございます。

 

あとはよろしくございます。ねいさんやいびーん。

 

 

さて

 

昨日はあまりの暑さに死ぬかと思いますた。

 

窓を開け放っても風がないためにどんどん上がっていく気温。

 

そしてじんじん痛む左手の親指。

 

右はいいのになんで左だけ。。。と思ってキズパワーパット剥がしたら

 

 

 

膿んでましたw

 

 

ちーん。

 

 

 

とゆうことで改めて消毒して抗生物質塗って。

 

二三日はガーゼにして乾燥させることにしました。

 

 

キズパワーパットは、傷を密閉して傷から出てくる液体を治療に使う。。。という仕組みだった気がするのですが。

 

左側の消毒が不十分だったのか、雑菌が混入したのか、そもそも自分が雑菌なのか。

 

もしかしたらビニール手袋で蒸れて汗かくのでそのせいかもしれません。

 

とりま様子見です。。。

 

なので今日は過去の作業でも記事にしましょうね。

 

 

 

結局昨日はフロアパンも動かないし

 

指は腐るし

 

暑いし

 

ということで。

 

夕方からアストロプロダクツ&ほっともっとに現実逃避してきました(笑)

 

この子達を連れて帰宅。

f:id:dehjimarsan:20180701025255j:plain

 

ステップドリルは、スポット溶接の部分穴開けすぎて、6ミリの歯の部分だけ丸くなって全く切れなくなりました(笑)

溶接跡は鉄板よりも格段に硬いです。

 

そんなもん毎日何十個も穴開けてれば腕もおかしくなります(笑)

 

ピンポンチは。。。買うのも癪なので鉄の棒削って作ってみたのですが。

やはり生の鉄じゃやわらかすぎたようで、変形してしまって使い物になりませんでした。

 

工具はケチっちゃダメってことですね。

 

 

 

 

さて

ちょっとまえにちらっと書いたこれ。

 

f:id:dehjimarsan:20180701022016j:plain

スペアタイヤキャリアのブッシュの話。

 

 

 

よんまるさんも、往年の四駆らしくスペアタイヤキャリアが後ろ側についています。

 

しかもななまるさんのようにドアと一体ではなく、キャリアだけが独立した存在。

 

なのでドアを開けたいときは、まずキャリアをスイングさせて開けなくちゃいけないという面倒くさい仕様。

 

ま、そこがいいとこでもありますが。

 

 

好きになった人がいくら自分に小言言おうと可愛く思える。。。

そんなのと同じかと(笑)

 

そういう構造なので、よんまるさんのスペアタイヤキャリアは、スペアタイヤを使う使わないに関係なく、動かす頻度の高いパーツの一つ。

 

ということで、可動部分の劣化は進みます。

 

f:id:dehjimarsan:20180701022527j:plain

ヒンジのピンを囲むように入ってるプラスチックのブッシュと鉄ワッシャー。

バラさないことにはどうにもできません。

 

ということで、ヒンジのピンを留めてる溶接をサンダーでがりがりと切り刻みます。

 

f:id:dehjimarsan:20180701023449j:plain

ぎざぎざだけど、どうせ最後溶接して留めるので大丈夫。

 

 

溶接部分を切ったら、あとはひたすらどつきます。

f:id:dehjimarsan:20180701023204j:plain

鉄の棒をあてがって、ハンマーで叩いてきます。

こうすることでピンを押し出そう作戦。

 

ただ、錆びついてるのでなかなかうまくは行きません。

 

なので、油でビタビタにしてあとはひたすらひっぱたきます。

上の方にピンが出てきてるの見えますかね?

 

 

ばらけますた

f:id:dehjimarsan:20180701023611j:plain

この茶色い丸いのがプラスチックのブッシュ。

こちらはまだ原型をとどめてますが。。。

f:id:dehjimarsan:20180701023723j:plain

こっちは終わってますw

 

新旧比較。

f:id:dehjimarsan:20180701023707j:plain

交換される方は部番も参考にどうぞ。

 

上と下とではサイズが違います。

 

新しいのを入れて

f:id:dehjimarsan:20180701023924j:plain

 

 

なじむまで滑りが悪いといけないので、ぬりぬり。

f:id:dehjimarsan:20180701024023j:plainサビ予防にもなるしね。

 

 

どうでもいいけど腕、蕁麻疹ひどいね。。。

なにゆえこんなに不健康なんだろ、最近。。。

 

塗ったのはこれ

 

 

「いっぱい種類あってわかんないんだけど。。。なにがいい?」

ってメーカーの人に聞いたら、そんなときはとりまこれと言われたので(笑)

 

まぁ。。。いいんじゃないでしょうか。

よくわからないので以来これしか使ってませんが。

ジムニーのナックルに詰めるぐらいの量あるので一本置いとけば突然の事態に慌てることもなく便利(なんだ突然の事態って。。。)

 

あとは逆の手順で組んでいき、最後にピンを溶接して抜けないように止めればオッケーです。

 

これでばっちり。

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございますた。

 

 

にふぇーでーびたん。

 

 

 

 

 

酷暑の信州より愛を込めて(笑)

 

どうもまいど。

 

昨日、両親指の皮膚が一枚まるごと剥けて、もう一枚奥の赤い指がこんにちわしているねいさんです。

 

皮膚の下って、また同じ指紋付きの皮膚が眠ってるんだな。。。っていう発見をしまして。

人間の身体ってじつはマトリョーシカなのかもしれないと思い始めました。

 

 

さて

 

今このブログを書いている時点の二階の気温

f:id:dehjimarsan:20180630143656j:plain

えと

 

41.8℃

 

MacBook Proも熱くてさわれないので、タオルひいて打ってます。

f:id:dehjimarsan:20180630145406j:plain

ノートブッククーラーはこないだ買ったクソみたいの使ってますが。。。書い直さないとほんとに本体が熱で壊れるね、これ。

 

 

ちなみにこの部屋は2X4と構造合板によるセルフビルド居室ですが、床から天井までアクリアとかの断熱材をこれでもかと入れてあります。

 

冬の防寒対策を考えたものですが。。。真夏の防暑対策にもなってます。

 

 

屋根材の表側のパネルにはNASAの断熱塗料を塗り、その上にキャンプ用アルミシートをタッカーで打ち付けてあります。

 

絵で描くとこんな感じ。

f:id:dehjimarsan:20180630144708j:plain

 

 

 

おかげで、部屋の外の部分よりは10℃ほど気温が低いです。

 

 

再掲、現在の気温www

f:id:dehjimarsan:20180630143656j:plain

 

 

大丈夫です。

ヤンゴンの安宿だと思えば問題ありませんwww

 

 

そんな中でレトルト親子丼食べながら書いてます(笑)

 

 

セルフビルドについてはまたいつか記事書いても面白そうですね。

 

 

 

一方

 

工場の有る一回はそれに比べ涼しいです。

 

f:id:dehjimarsan:20180630150145j:plain

空気がひんやり感じてちもきいです。

 

 

 

 

マジビニールプール欲しい。。。

 

 

 

 

 

 

 

思えば真夏の工場なんて2015年以来来ていないので。。。

 

こんなに暑かったっけ?(笑)

 

 

 

親指も痛くて使えないし(iPhone操作できないw)

 

とも言ってらんないし。

 

とりまこの気温なので昼寝もできず(笑)

燃料タンクのボルト外しにかかる。

手では回らないので、暑いし下回り蜘蛛の巣と卵だらけで汚いしで、インパクトでちゃちゃっと外す。

f:id:dehjimarsan:20180630152300j:plain

落っこちないようにジャッキを掛けてね。

でないと顔面直撃でさらに追加で怪我することに。。。

 

 

これでフリーだ。

フロアパンがサクッと持ち上がるはず。。。。

 

 

動かない

 

 

いろいろこじったり潜ったり試行錯誤

f:id:dehjimarsan:20180630152623j:plain

 

 燃料タンクのボルトも外してフロアパン自体フリーなはずなのに持ち上がらない。。。

f:id:dehjimarsan:20180630152730j:plain

 

 

 

問題は作業者の腕力に有ることが判明w

 

すべての結合がフリーなのに、重くて持ち上げられないという。。。。

 

 

 

ということで一旦放置(笑)

 

さて。。。どうすっか。

 

 

しかしほんとこれ

 

夏の間は暑すぎて何もできんな。。。

 

 

いっそ秋まで休むか?

 

 

ちなみに明後日まではこんな気温みたい。。。

 

 

こんなペースでは時間が無駄すぎる。。。

 

 

これじゃあいかん。

 

 

なにかできること探して一個ぐらい作業しなきゃね。

 

 

 時間は無限ではないのだから。

 

 

 

防振シートだけのつもりが。。。

おこんばんわ。

 

体内年齢49歳の、ねいさんです。

 

 

結構本気で凹みますた。。(笑)

 

 

 

 

 

それにしても昨日のアレ。。。

 

10分以上に渡るパス回し練習を見ていたおかげで寝る間もなく工場です。

 

賛否両論。

あれがヲトナの対処の仕方。。。ってことにしておきましょうね。

 

ぼくの胸の中で。

 

あれじゃあお金払ってロシアまで応援に行った人かわいそうですな。。。

 

 

とゆうことで今日から再びよんまるさん再生。

 

今日はまず、ラゲッジフロアとホイールハウスの縦の部分にとりかかりませう。

 

 

まずは、朝も早いうちは静かめの作業から。。。

ってことで、フロアの防振シート剥がし。

f:id:dehjimarsan:20180629194212j:plain

これが思いの外時間かかる。

アイボリー色の部分が全部そうなのですが。。。午前中これで終わりました(笑)

 

ヒートガンであぶりつつ、革すきでカリカリと剥いてきます。

あぶらないとバリバリに固くてびくともしません。

 

あんま連続でやりすぎてもヒートガン壊れちゃうので。。。。剥がしながら冷ましながら。。。やっていきます。

 

 

 

おかげで両手親指の皮膚がぺろっときれいに親指型に脱皮しました(笑)。

 

 

 

いてぇ。。。。

 

 

 

マキロンでじゃぶじゃぶ洗って、キズパワーパット貼っときます。

 

 

 

なんでも関東は梅雨明けたとか明けないとか。。。

 

ここ、長野県も本日は暑いでございます。

f:id:dehjimarsan:20180629194929j:plain

 

 

 

さて

 

剥げたところで改めて見ると。。。。

f:id:dehjimarsan:20180629195127j:plain

防振シートが盛り上がってもこもこしていたところは予想通り。。。

 

 

てゆうか

f:id:dehjimarsan:20180629195259j:plain

 

ボデーマウントの乗っかる部分。。。ダメです。

 

 

鉄板が土に帰ってるwww

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。フロア全部剥ぐか!

 

 

 

 

ちくしょう(笑)

 

 

 

 

朝の段階では

 

ちゃっちゃっと角っこだけ切って、切り継ごう。。。と思っていたのですが。

 

 

 

 

 

 

ムリです(笑)

 

 

 

いや

 

 

このままふたしちゃうことも出来ますよ?

 

見なかったことにすればいいんだもん

 

 

下から覗かなきゃバレませんwww

 

 

 

 

 

てわけにもいかないでしょうに。。。。

 

 

 

とゆうことで

 

既に時は夕方の有線の時間ですが。

 

もりもりとスポットをドリルで揉む!

 

恐ろしい数(笑)

 

しかも

 

スポットもんだだけじゃビクともせず。。。

 

フロア、ホイールハウス、その他ボデーマウントやブラケットなどなど

 

 

いろんなものが複雑に絡み合ってる。

 

それを確認しながら穴開けて、チゼルでどついて。。。と繰り返す。

 

 

永遠に繰り返す。

 

とりまここまではやったけど

f:id:dehjimarsan:20180629195838j:plain

まだ何箇所か重なってとまってるみたい。。。

 

 

さらに

 

 

燃料タンクを降ろさないとフロアが剥がれてくれない模様。。。。

 

 

 

思いの外の展開に結構後悔し始めるけど時すでに遅し。

 

 

もう今日はねてないし疲れたから続きは明日にしよう。。。

 

 

たまには早寝しましょうね。

 

 

 

皆様もよきフライデーナイト、お楽しみくださいませ!

 

 

にふぇーでーびたん。

 

この紋所が目に入らぬかー

寂しい夜はーごめんだー

寂しい夜わーくらいくらいくらーい

 

てことで

 

変なテンションで大きな買い物しました!

 

やけっぱちの捨て身の買い物

行けるとこまで行って破産しちまえばいいんです、ねいさんです(笑)

 

とゆうことで

 

I come from the land down under

f:id:dehjimarsan:20180628032600j:plain

 

精巧なリプロじゃないよ、

 

純正品

f:id:dehjimarsan:20180628032633j:plain

 

 

純正品の決定的な違いはここ

f:id:dehjimarsan:20180628032701j:plain

サイドレンズに入る刻印

 

そして

f:id:dehjimarsan:20180628032726j:plain

ここにはいるトヨタマークのモールド。

 

 

台湾製や日本製のリプロには一切入ってない。

 

タイランド製に至ってももちろんはいってない上に。。。レンズサイズが微妙に違うので、純正レンズは使えないというおそまつな代物。。。

 

この純正を得るまでに一体何組のりプロ買ったのか(笑)

 

 

純正。。。お値段もかなりビビるお値段でしたが。

 

やっぱりこの説得力は違います。

 

やはり純正新品に叶うものはありません。

 

 

ですが

 

残念なことにホーンは手に入らず。

 

元々ついていたお下品な社外ホーンをつける気はサラサラないので。

 

ダイナ用の純正を取りました。

f:id:dehjimarsan:20180628033301j:plain

24Vだからね。

 

 山羊座満月と火星逆行が。。。とんでもなくしんどいです。

 

 

なんとかアゲなきゃな。。。とブログ書いて見ましたが。

 

頭痛と精神的な落ち込みがすごいので

ちょっとこの波がすぎるまではお休みしますね。

 

ブログもレストアも。

 

 

無理です。

 

 

 

とゆうことで

 

おやすみなさい。

クーラーのディテーリング。

おこんばんわ。

 

まいど、ねいさんです。

 

月曜日。。。今日は何をするか迷ったのですが。。。

まずは涼しい朝のうちに、昨日のクーラーの続き。

組み立てながら、潰れたフィンをなおす。

f:id:dehjimarsan:20180625223742j:plain

 

 

 

あ。

直した後の写真がないわ。。。

 

 

 

ぐぶりーさびたん。

 

 

パテヘラとかで一枚一枚起こすだけ。

アルミ箔みたいにやわっこいからね。ちょっとずつやれば大丈夫。

 

 

昨日最後に書いた、吹出口。

f:id:dehjimarsan:20180625223950j:plain

昨夜のうちに、フチをのこしてマスキング。

 

そして

f:id:dehjimarsan:20180625224153j:plain

シルバー。。。ってわけでもないんだけど。

エアブラシでふわりふわりと、そーっと色を乗せてく。

 

 

んで

f:id:dehjimarsan:20180625224302j:plain

こんなかんじですかな。

 

メッキ風になる。。という塗料。

試しに発泡ウレタンの缶のキャップに塗るとこんな感じ

f:id:dehjimarsan:20180625224535j:plain

下処理もなく、吹きっぱなしでこんな具合。

 

ただこれ、スプレーを吹くイメージでやっちまうとただのつや消しシルバーになっちゃう(くすんだアルミみたいなイメージ)。
エアブラシとかの口径の小さいものでふわーーーっと、霧を乗せる感じ。

ほんとに、色ついたかつかないかわからないぐらいがベストな塗り方。

 

多分、金属の箔がはいってるんだけど、それが徐々にレベリング(平になってくこと)することで均一に並んで金属表面のような光沢を作るんだと思うのね。

だから欲張ってツヤ出そうとしていっぱい吹いちゃうとレベリングする余裕がなくなるんだと思うんだな。

だから正直塗った直後は黒なんだかメッキなんだかわからないぐらいの色具合。

 

ギガのオプションのメッキグリルみたいな色だ。

黒っぽいメッキっての?

 

たぶん重ねる回数ではそんなのも作れるんじゃないかな。

 

 

ちなみに過去、エンブレムの再生などで結構多用してます、これ。

f:id:dehjimarsan:20180613131920j:plain

どちらもレジンで抜いたエンブレムに、塗ったもの。

 

丸一日置いてからいちおウレタンのクリヤをこれまたかるーく乗せてあります。

 

うちにあるのは自動車用の塗料の材料やさんで買ったやつなので500ミリで数万円とかなのですが。。。

そんなに持ってても正直使い切らないし、高すぎる(笑)

今では同じようなものがAmazonでも売られてるみたいなので、興味のある方は試してみてはいかがでせう。

 

 

これは使ったことないからわからないけど

メッキみたくするには下地がツルッツルじゃないとだめみたい。

ちなみに、色は黒で。

赤とか白に塗ってもメッキにはならないのでご注意。

 

まぁだから発泡ウレタンのキャップに塗ったんだけどね(笑)

 

 

f:id:dehjimarsan:20180625225527j:plain

真ん中のデンソーマークも色を入れておく。

こちらは筆差しで、白く。

 

f:id:dehjimarsan:20180625225623j:plain

光沢感が伝わるかね。。。

 

 

こんなんほんと、重箱の隅突くようなどうでもいいことかもしんないけどね。

でも車体についた時に違いが出ると思うんだ。

 

誰も気づかない、あたりまえのようなところってやっぱ当たり前になってないといけないと思うし。

 

 

再現するに当たり、いろいろ資料を漁ったんだけど

どうやら複数のタイプがあるみたいで。

高級車とかに着くのにはもっとメッキ部分が多かったりして、それなりにクラス分けをされていた模様。。。

デンソーも心憎い演出をするよね。

 

しかしまぁ

そうやって差別化をするのもそうだし、細かいモールドに色入れて変化つけるとか

昔ってやっぱ車が高級品だったんだな。。。という印象を受けました。

 

丁寧に作られてますよね。

 

今の車なんて、パット見のモダンさでごまかしてるだけで、プラッチックどーん、って感じだもんね。

知性も品性も感じられない造形だわ。。。

 

とりまシルバーに塗って、丸くしときゃいいや。。。ってのはどうもDQNぽくて好きになれなかったんだけど。。。そういうことだったのかな。

 

作り手の思いとか品格が伝わってこないもんな。。。

それがどんな高いクルマで、世間でもてはやされるような車であったとしても。

魅力を感じれないのは私がひねくれてるんじゃなくて、ものを作る側の立場で見た時にピンとくるものがないからなんだな。

命のないマスプロダクトを流れ作業で生み出してる光景しか感じられないものには価値を感じないのよね。。。

 

かっこよくないんだよね。

 

クルマって本来かっこいいもののはずなのにさ。。。

 

 

 

 

閑話休題

 

 

ついでなので

 

調子こいてみた。

f:id:dehjimarsan:20180625230650j:plain

日本電装

 

こうゆうのも今の車にはないよね。

 

デンソーさんが自信もって作りました、っていう証じゃん。

いまならトヨタって入れられちゃって終わりだろうに。

 

こうゆうとこも、やっぱ萌えるんだよね。

 

これでクーラーの本体はきれいになったので、くるんでダンボールに入れて再び組み付けるときまでしまっておきます。

 

 

 

続いては。。。

f:id:dehjimarsan:20180625231013j:plain

先日仮組みしたスペアタイヤキャリアのブッシュの打ち換え。。。

 

ですが

長くなるのでまた明日にでも。

 

 

 

にふぇーでーびたん。