でーじまーさん

「よんまるさん」の路上復帰を目指すオンナの記録(笑)

ガレージライフ紹介。 水道をどうするか。なんちゃってガレージビルダーDIY。

おこんにちわ。

 

気づけば6月。

先月分の帳簿がやっと終わったねいさんです。

 

ものもお金も動かないので書くこと自体少ないのですが。。。

 

 

まぁいいや(笑)

 

 

とゆうことで

 

そろそろまたよんまるさんの作業を再開しようと思うところ。

 

Instagram経由で多分中東のマニアとおぼしきかたから連絡をいただき。

うちの拙いレストア写真を楽しんでいただいている模様。。。

 

ありがたき幸せ。

 

よんまるさんは世界を救う(イミフw)

 

その方は同じBJ46VでもMCMに乗っておられる模様。

 

湿気のない国では錆びることとは無縁なのでしょうか。。。すごく程度がいいです。

 

5速&タコメーターいいなぁ。。。

 

くそう

 

欲しくなるぢゃないか。

 

 

 

 

さて

 

作業ネタがないので今日は工房の紹介。

 

 

いろいろあって以前使っていた場所を出ることになり

 

急遽用意した物置兼作業スペース。

 

 

思えばここでいろんなもの作りました。

 

C110ワゴンとか

 

カギ棒とか

 

モデルガンとか

 

看板とか

 

いろんなもん塗ったり作ったりしましたね。

 

 

そもそも

 

がらんどうの物置だったところに塗装ブースを作ったり、居室を作ったり。。。というところから始まったので、はじめの半年は毎日が建築でした(笑)

 

そのころは務めてたからね

 

週末ごとに来ては作り、また帰って。。。を繰り返してました。

 

 

一番ネックだったのは、水道。

 

 

電気はなんとかお願いして100V を引いてもらったのですが。

 

水道は道路ほじくり返すので100万ぐらいかかるとのこと!

 

 

ソレは無理だわ。。。ってことで、思案した末作った水道のお話を今日は。

 

まず、水源はこれ。

f:id:dehjimarsan:20180601154730j:plain

よく農園とかに置いてあるタンク。
とりまえず、イメージとお値段で200Lのを用意。

 

スイコーホームローリー 200L

 

 

あとは、出口にジョイントをつなげて、ボールバルブを間に入れる。

これで、元栓がわりに。

 

長期留守にする時や、万一破損時のメンテナンスなんかも考えて一旦元栓で閉じられる安心構造。

 

 

ただし

 

長野は寒冷地。

 

安いからと黄銅のバルブを使っていたら、一年目の冬に見事凍結で破裂

 

凍結での膨張を考えていつもタンクは満タンにせずにおいたのに。。。バルブが破裂。

 

冬を甘くみてましたね(笑)

なのですぐさまステンレスに交換。

 

これは高かったけど。。。未だに破裂知らずです。

 

もちろん、水道管全体には保温用のスポンジと凍結防止帯を巻いています。

 

 凍結防止帯。

 

電熱線で凍結を防ぐというもの。

そう言えば家庭の水道にはみんなついてます。

 

 

ですが

 

こんなもん年中つけといたら電気代が空恐ろしいことになる(笑)

火事になっても嫌ですしね。。。

 

 

ということで、ブレーカーから単独で回路を引いた上で、間にサーモセンサを入れます。

温度によって電源のON-OFFが可能な画期的な装置!

 

結構お値段貼りますが。。。すぐもとは取れます。

これだと凍結温度になると自動で電源が入り、温度が上がると電源が切れるので、うちの場合ですけど、過去3年のデータをみても夏場と電気代が殆ど変わりません。

助かります。

 

 

さて

 

水道のしくみの話を忘れてましたね(笑)

 

先程の、水源となるホームローリーを高いところに設置します。

うちの場合、倉庫が2階建てなので、二階部分に設置。

そこから市販のVP管でL水道の通り道を作って、一階に下ろす仕組みです。

f:id:dehjimarsan:20180601160316j:plain

要は重力を使った自重落下式の水道です。

 

 

さらに

斜めにしたり、管の内径を徐々に細くすることで、流れの勢いの確保を狙います。

もちろん、最後は蛇口をつけるので、そのサイズに合わせるという目的もあります。

f:id:dehjimarsan:20180601160437j:plain

VP管の周りにはしっかり保温スポンジが巻かれています。

もちろん中には凍結防止帯を仕込み済み。

蛇口の際までしっかり入っていますので凍結することはありません。

 

f:id:dehjimarsan:20180601160622j:plain

これで蛇口をひねれば普通の水道のように水が勢いよく出てきます。

 

洗車も掃除も水研ぎも。。。あらゆる事が可能です。

 

 

初めは、キャンプ用の20L のタンクなんかをその都度持っていこうかとも思ったのですが。。。

やはりそれだと水の量が足りないので断念しました。

 200Lタンクだと、お風呂に行く時間がなかったときなど、ここで頭や顔ぐらいならじゃぶじゃぶ洗えるのでやはりこのサイズのタンクにしてよかったんだなぁ。。。と思います。

 

ちなみにこの水は自宅から定期的にポリタンクに詰めて運びいれています。

 

排水は。。。下水管に伝ってながれます。

 

役所に確認しましたら、手や車を洗ったりする排水は流して良いとのことだったので。

 

残念なのは、水がフレッシュではないので飲水にはできないということです。

 

なので、飲む水は箱で買ってストックするのが常です。

特にこれからの時期、水は大事ですからね。。。

 

一気にまとめて何十本も買っておき、ストックを切らさない事が大事かと。。。

 

 コスパいいので、うちで頼むのはこれ。 

飲みやすいしね。

 

とゆうことで、今回もさいごまでお付き合いいただきありがとうございます。

 

にふぇーでーびたん。