でーじまーさん

「よんまるさん」の路上復帰を目指すオンナの記録(笑)

溶接後はきっちりと、防錆をね。

おはやうございます。

 

 

定休日二日目。

 

ぬちまーすのお風呂に続けて、瞑想とかなんとか

あれこれとリセットしているねいさんです。

 

14日は新月

また新しいスタートです。

 

 

最近意識的にそうしているのですが。

 

月の暦に沿って生きているとリズムがいいです。

 

新月スタート

満月終わり

 

ざっくりいうと、こんなサイクル。

 

 

本格的に天体の動きを学ぼうかと教材を購読し始めました。

 

 

 

さてさて

閑話休題

 

今日のよんまるさんは。。。

 

一日がかりでサイドパネルがついたので

 

溶接が進まない日曜日は、夏至に向けてのエネルギー変化の始まり。 - でーじまーさん

 

今度は溶接跡をきれいにしていきます。

 

溶接箇所はスパッタ(溶接した時に出るつぶつぶのゴミみたいなの)が飛んでいるので、それをきれいにします。

 

スパッタを取り

薄いサビや残りの塗膜もきれいに剥いでおきます。

 

ちょっと高いけど、これは細かい入隅なんかも綺麗にできるので重宝してます。

安い某他社のものは、プラスチックのディスクに研磨剤がついているタイプなので、平たい面を削るしか出来ないのですが、これだともう本体すべてが研磨剤なので、局面、逆Rなど様々な面に使うことができるし、本当のギリギリまで使い切ることができるからかえってコスパいいかもしれません。

 

ちなみにちょっとした錆落としや、DIYなら一個売もありまっせ。

 

 

 

確かに

一個売の値段で、某通販サイトの輸入品が5個買える。

でも、あっという間に研磨剤がなくなることとか、さっきも言ったように使い勝手考えたら、やっぱ一流メーカー品て伊達にお金取らないな。。。と。

 

師匠にも昔いわれましたが。

 

道具にお金をかけることは大事です。

 

結果良い仕事に直結するので。

 

 それは贅沢ではなくて、投資だと。

 

自分の成長のための投資。

 

 

よく、初心者のうちは安い道具で、慣れてきたら高いのを。。。という人もいますけど。

師匠はいきなりいいのを買え。。。という人でした。

良い道具をいきなり使うことで自分のモチベーションも上がるから、勝手にその道具にふさわしい腕の人間になっていくものだ。。。というのが師匠の意見。

 

その言葉は今でも自分も真似してます。

 

 

果たして今のぼくの仕事っぷりをみて師匠は喜んでくれたでしょうかね。

 

突然門を叩いてきたヘンテコなオンナに嫌な顔せず一から教えてくれた師匠。

今にして思えばどんだけ器の広い人だったんでしょう(笑)

 

元々がメーカーの研究部門出身なだけあってその生真面目さと理屈っぽさは天下一品でしたが、知識と経験が伴ってる上にセンスも備えていて、在野の天才ってこういう事言うんだな。。。という今でも尊敬している人です。

 

あの業界偏屈で変わり者が多いのですけど。

 

自分のやり方が絶対で、いくら非効率で不条理でも曲げないとか

そんな業界の中にあって常に新しいものを取り入れたり、研究したりしてアップデートし続けていく姿が印象的でした。

 

いい師匠に巡り会えたから、いまこうして車と向き合ってるんだと思います。

 

事実、その後に就職した先は。。。。いろいろとアレな職場でした(笑)

 

もしはじめからあそこに言ってたら私はこんな事やってなかったですね。

 

 

なんか話がまたずれてきたね(笑)

 

 

とゆうことで、表面をさらったら、こんどは防錆。

 

浸透性の防錆剤を溶接した部分やパネルの合わせ目に流し込みます。

f:id:dehjimarsan:20180613030517j:plain

左のがそれ。

 

そしてある程度時間を置いて、右側のエポキシプライマーを塗ります。

 

エスコ、という商品名で出ているものが有名ですが

同じエスコでも、建物用のものは車には向きませんのでご注意を。

通販サイトで手に入りやすいのはたいていこの建物用のものが多いです。

外階段とか、手すりに使うもの。

対する車に使えるタイプのは、ボデーのよじれや振動などに破断しない柔軟な塗膜のタイプのもの。

これは自動車用の塗料を扱ってる業者さん(材料やさん)などで手に入ります。

 

一般に入手しやすいのはこちらでしょうか。

 

ビルダーズハウスさん。

 

http://www.buildershouse.com/

 

こちらも私が一方的に尊敬している方のお店。

この方の農園に関する連載が大好きで。

そのライフスタイルにはだいぶ感化されました(笑)

 

他にも自動車レストア関係のものを扱っていらっしゃるのでご存知のかたも多いかも。

 

 

 

さて。

ひとまずここまでやっておけば大丈夫。

錆びることはないでしょう。

 

 

時間もお金もかかりますけど。。。サビた上から鉄板縫い付けて色塗ってごまかすとか

穴空いたとこにアルミテープ貼ってパテ入れちゃうとか

 

そんなのたくさん見てきたから。。。

 

自分の車がああだったらやだもんね。

 

だからこうゆうとこは手を抜かない。

 

ヘタなりに、そこらへんだけは真剣です(笑)

 

 

 

 

エポキシが乾いたら、ペーパーで表面を足付け。

 

これでいよいよパテ付けができるようになります。

 

 

 

長くなってきたからパテのお話はまた次回ね。

 

 

にふぇーでーびたん。