でーじまーさん

「よんまるさん」の路上復帰を目指すオンナの記録(笑)

ピンポンチでブッシュの打ち換え大作戦。。。フロントウインドヒンジ編。

おはやうございます。

 

気がつきゃ7月になっちまいました。

 

おかげさまで、両親指の皮膚もだいぶ復活。

そろそろ工具が握れる頃合いになってきたねいさんです。

 

先週末

 

フロアをはぐろうとして腕力が足りずにフロアが持ち上げられないという事態に直面してからというもの。

指の負傷もあって、ちまちまと細かい作業をすることにしてました。

 

ということで

今回は、フロントウインドヒンジのブッシュの交換作業の模様。

 

前回やったスペアタイヤキャリアと要領は一緒。

ただしこちらはピンとヒンジが溶接されていないので幾分楽かな。。。

 

 

 

と、その前に。

 

前回ブッシュを打ち替えたスペアタイヤキャリア。

 

ここで下側のヒンジの取り付け穴位置をけがくために、仮組みしてみます。

f:id:dehjimarsan:20180703104056j:plain

 

キャリア本体のみならず、それに付属する部品、そしてリフレクターも取り付けて、すべての位置関係を確認します。

水平器も持ってきて、キャリア自体の取り付け具合も確認しながら。

 

リフレクタは純正新品なので、傷つけないようにおおげさに養生してから仮組みします。

 

f:id:dehjimarsan:20180703104257j:plain

キャリア自体はこんな感じで車体に止まってます。

 

この、引っ掛けるフックのようなところの車体側の穴位置が合わなかったらどうしようかと思いましたが。。。大丈夫でした。

 

ただし

 

袋になった部分に予めエポキシプライマーをこれでもかと流し込んであるので、ネジの山が埋まってしまってました(笑)

f:id:dehjimarsan:20180703104809j:plain

タップでさらって解決。

組み込む時に再び薄めにエポキシ塗布して組みましょう。

 

この部分はよんまるさんの中でもかならず腐っている部分なので防錆はしつこいぐらいにしておきます。

 

ちなみによく腐る部分故に、リプロダクションパーツが豊富にあり、入手は容易です。

この部分に限らず、海外ではよんまるさんのリプロダクションパーツが豊富に売られています。

それだけ輸出がメインな車だったのかもしれません。

 

まぁ。。。以前も書いたようにポン付けとは行きませんが。。。

修正前提で部分部分で使うと作業効率がUPするのでぼく的にはオススメです。

 

 

そんなわけで、やっとこさピンの打ち換え作業。

f:id:dehjimarsan:20180703105955j:plain

シンナーにつけておいたので塗膜は容易に剥がれます。

 

例のごとく錆びてます。

別に可動する部分ではないのでこのままでもいいのかもしれませんが。。。気になるので交換です。

 

 

ブッシュ自体は海外から安いリプロ品を買いました。

f:id:dehjimarsan:20180703112254j:plain

これは12個入りなので、一袋で一台分のフロントウインドと左右ドアのヒンジのブッシュがすべて交換できるお得なセット。

 

こうゆう細かい部品も海外を探せばいくらでも出てきます。

純正部品もまだ海外のデポにはあったりするので、気づいた時に入手できる限りの純正部品は取り寄せてます。

 

部品に関しては、見つけた時が買い時だ。。。というのは旧車の鉄則だと思うので。

 

ヒーターホースだってつい数年前は出ていたのに、今はメーカーからの供給ゼロですからね。。。

 

 

さて

いよいよバラしましょうね。

f:id:dehjimarsan:20180703110917j:plain

バイスで挟んで、まずは油をどぶどぶと注入。

 

 毎度お世話になります。マルチに使えるラスペネさん。

 

ちなみにラスペネは2タイプあって。

ねいさんが使ってるのは、Cというタイプ。

 

もちっと安いので、Lというタイプもあります。

 

何が違うのかって言うと、吹き出し方の違い。

Cの方はスプレーがじゅわーっと出てくるタイプなので、こういった隙間に浸透させたりするのに便利。

 

Lの方は、いわゆるスプレーのようにしゅーっと出てくるタイプ。

 

どちらも長い折りたたみノズルも付いてるし、中身は同じなので使い方や好みに応じて好きな方を選べます。

 

ひとっきらおいて油が染みたな。。。ってなったらいよいよどつきます。

こないだ買ってきたピンポンチをあてがって、ハンマーでどどすこ

f:id:dehjimarsan:20180703112037j:plain

 

こんな風に少しづつ押し出すようにして抜いてきます。

 

 

ばらけた、の図。

f:id:dehjimarsan:20180703112148j:plain

やはりピンは錆びてます。

f:id:dehjimarsan:20180703112649j:plain

左側の丁番にブッシュが付いてます。

やはりサビと汚れで簡単には取れないので、ホースをはぐるフックでごにょごにょとほじくり出します。

 

とりまブッシュの新旧比較。

f:id:dehjimarsan:20180703112529j:plain

黒いのはまよわずそのままゴミ箱にポイこです。

 

ばらしたついでなので、ピンが通る穴もペーパーでさらってサビを落としておきます。

f:id:dehjimarsan:20180703114114j:plain

 

さらに残った塗膜やサビをブラストで落としましょう。

 

そう言えばキャビネットの中にブラスト当てたいものを放り込みっぱなしだったので。。。

 

そろそろブラストしましょうね。

 

ということで今日はおしまい。

 

 

にふぇーでーびたん。